幻のゲーム機「Nintendo PlayStation」その正体は!

1991年に任天堂とソニーが共同開発した、幻のゲーム機「Nintendo PlayStation」。
ソニープレイステーションは従来のスーパーフォミコンやファミリーコンピューターなどのカセットスロットが搭載されており、なお且つスレイステーションのCDドライブも搭載している幻のゲーム機である。
つまり、スーパーファミコンとスレイステーションの機能が合体したゲーム機となっている。

コントローラも限定仕様


スーパーファミコンのコントローラ表面には「SONY」「スーパーファミコンロゴ」「PlayStation」の文字が印字されている。


コントローラー裏面には、Nintendoと刻印されている。