都営新宿線の曙橋ホームでアルミ風船

都営地下鉄新宿線の曙橋ホームでアルミ風船が架線に付着し、電車が止まっている。
通勤ラッシュ時に、このようなパプニングはとても苦痛である。
電車遅延は現在で、1時間以上となっている。

なぜ、アルミ風船1つを架線から撤去するのにそこまで時間がかかるのか。
それは電車を動かすほどの電力が架線には流れており、そのボルト数は約1500vです。
そのまま取ろうものなら、感電する危険性があるため架線の電力を停止させなければいけません。