田舎は都会より静か?いや意外な音に眠れない夜もある

田舎は物静かなイメージがあり、騒音や大きな音、気になる音などが無いように思われがちです。
確かに工業的騒音や大都市独特の騒音などは少ない傾向がある。
しかし、意外に耳に障る音が気になることも田舎ならではの悩みである。

それは、虫やカエルの鳴き声である。
夜になると、物静かになり、外の静けさに虫やカエルの鳴き声が不気味に響くのである。
一度気になってしまうと、なかなか寝付けないこともある事が田舎ならではの音の悩みである。

確かに、大きすぎる音ではないが、繰り返し鳴り続ける微妙な音になかなか寝付けないことがある。
例えば、住宅が密集している場所にお住まいの方なら「ドラム騒音」の経験はないだろうか。
真夜中にドラムの叩く音が響き、とても大きな音ではないが繰り返し長時間続くドラム音にストレスを感じることがある。

特に住宅が密集していると音が反射して、真夜中に迷惑なドラム音を出している人が遠い場所にいるのにも関わらず聞こえてくる。
このような小さい音が繰り返し長時間鳴り続けると、真夜中なのに寝付けないことがあります。
田舎の場合は、静かすぎる環境なので虫やカエルの音が響き、長時間繰り返し聞こえてくるため、都会のドラム音悩みに似ているのではないでしょうか。