特別警報とは?

特別警報とは、予想される自然現象が通常よりも異常であり、規模の大きな災害が発生する可能性が高い警告をする防災情報です。

どうして「特別警報」を設けたのか

これまで大規模な地震や津波もこれまで通り、気象庁は防災情報を発信してきたが必ずしも迅速な避難対策とならない場合がありました。
平成23年台風第12号が発生し、大雨災害等においても気象庁は警報により重大な災害への警告を行いましたが比較的大きな災害発生の危険性があることを伝える手段がありませんでした。
そこで気象庁は、新たに災害に対する気象庁の危機感を伝えるために、この「特別警報」を創設しました。