付加年金とは?

付加年金とは、小額の保険料負担をすることにより将来の老齢基礎年金を増やすことができる年金制度です。
例えば、国民年金の掛け金に対して毎月400円をプラスすると年金受給額が将来ひと月あたり200円増加します。