肥後細川庭園の歴史!

肥後細川庭園は、もともと新江戸川公園という名称であったが2017年3月18日に改修工事に伴い「肥後細川庭園」となった。
肥後細川庭園の一帯は、江戸時代中ごろまで幕臣の邸宅があった場所であった。
その後、所有者が変り幕末に細川家の下屋敷になった。

明治時代になると、細川家の本邸となりました。
そして現在の時代となり1960年に東京都が当地を購入して公園として一般公開した。
1975年になると肥後細川庭園は文京区に移管されて現在にいたっている。