地方の給与1位企業!20社給与額は

厚生労働省の「2016年賃金構造基本統計調査」では、首都圏の平均給与額は約40万でした。
この給与額は、全都道府県でぶっちぎりの一番である。
では、都道府県平均給与額のベスト3をご紹介する。

  • 東京都 :40万3,000円
  • 神奈川県:36万9,000円
  • 大阪府 :35万7,000円

一方、地方でも年間給与額が高い地位もある。

地方の年収平均(40歳ベース)

  • 【北海道】北海道電力:653万円
  • 【東北】ゼビオHD  :1,327万円
  • 【東北】東邦銀行  :652円
  • 【関東】GCA     :1,188万円
  • 【関東】日揮    :932万円
  • 【関東】東宝    :900万円
  • 【東海】豊田通商  :940万円
  • 【東海】トヨタ自動車:865万円
  • 【中部】ファナック :1,537万円
  • 【中部】EIZO    :534万円
  • 【近畿】キーエンス :1,823万円
  • 【近畿】伊藤忠商事 :1,365万円
  • 【近畿】任天堂   :917万円
  • 【近畿】シャルレ  :656万円
  • 【中国】ベネッセHD :904万円
  • 【中国】山陰合同銀行:649万円
  • 【四国】阿波銀行  :729万円
  • 【四国】三浦工業  :655万円
  • 【九州】安川電機  :810万円
  • 【九州】アイケイケイ:485万円

以上が、東京商工リサーチによる年間給与額のデータである。
つまり、地方の給与1位企業平均額ベースでは、計測機器や顕微鏡などの製造販売を行う近畿の株式会社キーエンスが1位となった。