軟式ボール13年ぶりに大改革!よく飛ぶボールへ

軟式野球ボールが2018年から13年ぶりに変化する。
今までは、3種類あった公認球を2種類にして、現在よりもバウンドせずに長距離がでるように改良される方針である。

歴史を塗り替える革新的な魔法のボール

全日本軟式野球連盟は、今回のボールの改革で「歴史を塗り替える革新的な魔法のボール」と胸を張っている。
2012年3月からボール変更の検討を開始し、法政大理工学部との共同実験を繰り返してようやく来年にボールが変更となる予定だ。