身体症状症とは?この2つの条件で該当

身体症状症とは、身体に症状がありその症状を過度に心配してしまう病気です。
身体に危機感を覚えて健康管理することは良いことですが、それが極度に高まり心配や不安で必要以上に何度も通院する病気となります。

身体症状症はと判断する基準は以下の2つです。

  • 苦痛や生活への支障がある身体症状があること
  • 身体症状や健康に関する極端な思考・感情・行動

身体症状症の原因は、過度なストレスや身体感覚の認知の問題、疾病利得などが該当します。