feedlyで話題!腕時計と役職の相関関係が

インターネット上で時計のイメージについての意見があり、ウド時計と役職の関係性があった。
一般的に腕時計を購入する平均的予算は、10万円前後であった。
一方で腕時計の価格帯による、所有者のイメージはだいたい浸透しているようだ。

腕時計による価格帯イメージ

  • 5万円まで : 一般会社員から高校生くらいまで。使用3年目安
  • 10万円まで : 会社主任クラスでお小遣いをためて購入。使用3年目安
  • 50万円まで : 会社係長クラスでやや拘って時計を選ぶ。ブランド時計傾向あり。
  • 100万円まで : 会社課長クラスで、比較的高級なブランド時計を好む傾向あり。
  • 200万円まで : 会社部長クラスでお金に少し余裕がある人が複数本所有する傾向あり。
  • 300万円まで : 会社役員クラスで財力があり高級時計を好む。またこのクラスから時計趣味がいる。
  • 500万円まで : 会社社長クラスで長年使用するのもであるため即決購入が多い。
  • 1000万円まで : 会社会長クラスで時間と財力がありトゥールビヨンを好む傾向がある。