万平ホテルは江戸時代後期から

万平ホテルは、長野県北佐久郡軽井沢町にあり、株式会社万平ホテルが運営しいる。
万平ホテルは江戸時代後期に万平ホテルの前身となる旅籠「亀屋」を佐藤万右衛門が開業したことに始まります。
軽井沢の気候がイギリスに似ており、さらに景色もそうであることから世界各国で高く評価される地域となった。

1886年にある海外の有力者が旅籠「亀屋」を訪れたことをきっかけに、当時のオーナー佐藤万平が外国人接客のノウハウを実践で学んだ。
その外国人接客ノウハウを反映させて、1894年に亀屋ホテルを開業させた。
また、亀屋ホテルは現在の「万平ホテル」である。