ウエストサイド物語のあらすじと時代背景

ウエスト・サイド物語は、1950年代のニューヨークウエストサイドが舞台である。
ウエストサイドは、移民が多く比較的低所得者の町で、貧困と同時に差別を受ける中、子供たちが縄張り争いの日々を送っていました。

生まれながら理不尽な環境と、自分たちをこのような扱いにするアメリカ社会に反発心を抱き、それを若者たちはぶつける先がなく非行をするしかなかった。
そんな環境と時代背景のなか、シャイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」に着想し、プエルトリコ系アメリカ人とポーランド系アメリカ人の2つの若者グループの構想と犠牲となる男女の2日間の恋愛と死を描いた物語である。