アスパラガスは竜髭菜と書く!白アスパラは奇跡の発見だった

アスパラガスは漢字で書くと「竜髭菜」です。
龍の髭の菜と書きますが、確かに茎部分は龍のうろこを連想させるような形になっておりますね。
そしてアスパラガスの先端部分は、龍の髭として迫力があります。

アスパラガス竜髭菜は古代ギリシャ語

アスパラガスは、クサスギカズラ科の植物であり和名がオランダキジカクシと言います。
和名より、アスパラガスの呼び名の方が浸透していますね。
さて、そんなアスパラガスですが古代ギリシャ語で「裂ける」「たくさん分かれる」という意味に由来します。

アスパラガスが古代ギリシャで「裂ける」「たくさん分かれる」と呼ばれて由来は、アスパラガスの成長過程にあります。
アスパラガスは、成長して地面から新芽を出す時に土を力強く押しのけて次々にたくさん生えてくることから、「たくさん分かれる」「裂ける」と表現されまいした。
これはひとつのアスパラガスの株から、何本もの新芽が多数生えてくるためです。

アスパラガス竜髭菜は古代から薬用としても活用

アスパラガス竜髭菜は、ヨーロッパでは古代から薬用として大切にされてきた食材です。
アスパラガスの野菜としての歴史は古く、2000年以上も昔の時代から野生のアスパラを薬用野菜として収穫したり、アスパラガスを人工栽培していました。
アスパラガスの原産地は、南ヨーロッパが中心であり、ところにより西アジアでも収穫されておりました。

共通する地域条件としては、やや塩分が多くある地層、つまり海岸地域にアスパラガスは自生しておりました。
アスパラガスは栄養価の高い「ニンニク」や「ネギ」の仲間と同じ種類であり、多年草です。
そのため、薬用野菜としてアスパラガスの健康評価が高いです。

アスパラガスは日本に観賞用で栽培された

今やアスパラガス竜髭菜は、美味しく健康に良い野菜として私たちは食しておりますが元々は観賞用で日本で栽培されました。
日本に初めてアスパラガスが伝わった時代は、江戸時代です。
この江戸時代の1600年代に、オランダ人が日本にアスパラガスの存在を伝え、観賞用として日本で育てられました。

また、日本でアスパラガスが食用として栽培されたのは、江戸時代から300年以上経過した大正時代の北海道の土地です。
実に300年以上の年月の間、アスパラガスは日本で観賞用植物であったことには驚きです。
誰かが観賞用のアスパラガスを食し、ようやく300年の月日がたって栽培されたことに感謝です。

ホワイトアスパラガスは奇跡の発見だった

アスパラガスには、2種類の栽培方法があります。
同じ株で、栽培方法を変えることで「グリーンアスパラガス」と「ホワイトアスパラガス」が収穫できます。
一般的にアスパラガスと言えば、ホワイトアスパラガスがレストランなどで高級食材として利用されます。

ホワイトアスパラガスの発見は、奇跡の偶然が生みだした栽培方法でした。
イタリアのある村で、天候に恵まれずヒョウが降り注ぎ農作物がまったく取れなくなった年がありました。
農業中心で自給自足の村であったため、農作物の収穫が出来ないことが食に在りつけないことを意味していました。

そんな時、農家の人たちが取り残しのイモが残っていないか畑を掘り返していると、何やら「白く長細いもの」を発見しました。
そこにはグリーン色のアスパラではなく「真っ白なアスパラガス」が姿を現しました。
農家の人たちは見た目がグリーンアスパラガスと同じの白いアスパラガスを食べてみると、甘くて美味しいことに衝撃を受けます。

それ以降、地中でアスパラガスを育てて日光を遮るとアスパラガスが白く育つことを発見し、ヨーロッパ各地でホワイトアスパラガスが広がりました。