竹野屋旅館で竹内まりやが自らオーナーに!お家騒動

出雲大社から近い参道沿いに、創業140年以上の歴史がある「竹野屋旅館」はシンガーソングライターの竹内まりやの実家が営んでいる。
「竹野屋旅館」は、地域に愛される予約が取れない旅館で有名である。
また、竹野屋旅館は格式の高い旅館として認知されており、皇族が利用される旅館としても知られている。

5代目から業績に傾きが

しかし、竹野屋旅館は好調だった経営がここにきて低迷している。
竹内まりやの父までは竹野屋旅館の経営が好調であったが、5代目である竹内まりやの兄になってからやや雲行きが怪しくなった。
実家の商いが低迷する姿を見るに苦しい状態であったため、竹内まりやの自らオーナーとなり再建に励んでいる。

旅館の業績が低迷する背景に、現代社会の流れや環境の変化もあるとも言えるが根本的な問題が5代目にあったと伝えられています。
環境面を外面と表現するならば、旅館の体制を内面と表現し、その問題点が以下となる。

  • 一般的な考えとはおかしい発送を従業員は押しつけられる
  • 従業員教育に問題があり、仲居さんの質が落ちている
  • 女性従業員間で私的な感情による戦いで雰囲気が悪化

以上が、5代目の就任で発生した竹野屋旅館の現状と話されている。

このような背景には、5代目の思考が大きく影響しているようであった。
話しに上がってくる5代目の性格は、「頭をなかなか下げることができない人物」と言う点と「私的感情を優先してしまう」という点だ。
もともと多くいた竹野屋旅館の従業員スタッフも、5人まで激減して旅館経営が回らなくなる事態となってしまった。

竹内まりやが旅館の救世主に

このような竹野屋旅館の危機的状況を改善させ、前へ進めさせたのが竹内まりやであった。
旅館の再建に伴い、竹内まりやさんが実費で旅館の改装工事を行い、現場環境のイメージを良くさせることが一つも目的でありました。
2016年10月には問題の人物であった5代目が退任し、2017年3月に旅館のリニューアルと共に、料理も拘りをみせた。

実際問題として5代目の権限があった竹野屋旅館は特に内面が機器的であったため第三者視点で問題改善できるように竹内まりやさんはコンサルディング会社を入れました。
その度、業績は予測以上に向上して回復の兆しが現れました。