スッキリに玉子屋が凄すぎた!日替わり弁当で年商67億円

日替わり弁当の「玉子屋」が凄い。
「玉子屋」というだけに、卵はすべて国産の千葉県産。
そして、産地直送というこだわりがある。

玉子屋のお弁当が選ばれる理由

玉子屋の日替わり弁当は、時間の取れない方にとても人気があります。
どうやら、お客様より選ばれる理由は2つあり、地域社会に選ばれる理由が1つあるようでした。
玉子屋が選ばれる理由は、以下の通りです。

  • 食材原価率が50%以上である
  • 7種類の豊富なおかず
  • 0.1%未満の食材廃棄率

まず、驚きなことが玉子屋のお弁当は食材原価率が「50%以上」ということであります。
食材原価率が通常20~40%とされる中、50%以上もの仕入原価が発生しているため、お弁当はとても豪華になる。
ボリュームもあり、納得のいく満足度が得られる一番の理由であるでしょう。

そして、7種類の豊富なおかずですが、これも食品の原価率が50%以上であるめに実現可能になっています。
食材への拘りも、原価率が低ければなかなか実現が不可能です。
玉子屋のお弁当では食材もとても拘りがあるため、食材原価率が「50%以上」をかけて食材仕入れをしています。

また、玉子屋では食材を大切にする精神が浸透しており、食材破棄部分がとても少ない事が特徴的です。
お弁当を作る際にどうしても出てしまう食材廃棄部分、この廃棄率が「0.1%未満」であるから驚きである。

玉子屋のこただわりは卵以外にも

玉子屋は、食材とお弁当づくりに拘りがとてもあります。
玉子屋がとても拘る項目は、以下の通りである。

  • 「米」にこだわる
  • 「水」にこだわる
  • 「食材」にこだわる

まず、玉子屋の米選びは毎年米の品質を重視します。
そのため、玉子屋はどこの地域の米という特定した仕入れません。
その年でより米の品質が良いブランドの米を厳選してから、仕入ます。

そして、食材を洗ったり、調理器具の手入れなどに使う水は「電解強酸性イオン水」を使用しています。
玉子屋では、食中毒にならないための対策が徹底されており、通常の水でなく「電解強酸性イオン水」を用いることで殺菌除菌効果がでます。
さらに、玉子屋では業界初の試みとなる「セラミックによる殺菌活性水」を採用しました。

最後に、食材については毎日当日仕入で「鮮度」に拘る仕入れをしています。
当然ですが玉子屋で販売されている日替わり弁当は、その日当日に調理しています。
食材の当日仕入ということであっても、しかりと野菜や肉、おかずのバランスを重視した徹底ぶりです。