ラーメンフォークなぜ誕生したのか?

スガキヤのラーメンフォークというものをご存知でしょうか。
ラーメンフォークは、麺を食べるフォークとスープを飲むスプーンが合体したものです。
定価各ラーメンでお馴染のスガキヤが、低価格を実現できる理由はラーメンフォークにありました。

ラーメンフォークは1978年に開発

ラーメンフォーク誕生のきっかけは、ご飯を食べるときの割りばしが大量に捨てられる現実を知って、森林破壊を少しでも抑えようという試みであった。
スプーンの先にフォークの突起が4本あり、ラーメンの麺をすくいながらレンゲとしても使用できる優れ物です。
実は、このラーメンフォーク開発には表と裏の誕生秘話がありました。

ラーメンフォーク誕生の表と裏の話

さて、スガキヤのラーメンフォークはスガキコシステムズ株式会社創業者の菅木周一氏が開発しました。
スガキコシステムズ株式会社は、名古屋を中心に361店舗のラーメンを主力に飲食店を経営する企業です。

ラーメンフォーク誕生の表のスローガンは、純粋に割りばしの消費を減少させて森林破壊を少しでも対策する目的です。
ラーメンフォーク誕生の裏のスローガンは、割りばしにかかるコストを削減させて、少しでもラーメンの提供価格を安くする目的です。

ラーメンフォーク自体は、割りばしよりコストが高いが繰り返し使用できるため長期的に見えればコストが低くなります。
つまり、このような小さな積み重ねで、ラーメン商品をより安く実現できたという秘密もありました。

ラーメン一杯320円なのに自家製

スガキヤのラーメンは、一杯320円からと超低価格路線です。
さらに、どのラーメンもスガキヤでは500円未満というのもウリの一つであります。
とても安く、味も安定し、さらにとんこつベースのスープなので満足度もあります。

スガキヤのラーメンは、320円と超安値なので麺は「自家製面」で、スープもとんこつベースの「自家製スープ」です。
また、ただでさえ安いラーメンが1年に一度だけ半額になる「スーちゃん祭」を展開している。
不定期でいつ開催されるかは公開されていませんが、「スーちゃん祭」開催されているとラーメンが160円とうい破格になる。