世界の祝祭日数ランキングBest10!第1位は

世界の祝祭日数ランキングで、日本が第1位となった。
それでは、世界中の国々の祝祭日をランキング方式で見てみます。
祝祭日数ランキングでは、祝祭日が多い順に上位10カ国を御紹介します。

世界の祝祭日数ランキングBest10

  • 第1位 :日本(17日)
  • 第2位 :香港(13日)
  • 第3位 :シンガポール(11日)
  • 第4位 :オーストリア(10日)
  • 第4位 :アメリカ(10日)
  • 第4位 :韓国(10日)
  • 第7位 :フランス(9日)
  • 第7位 :スペイン(9日)
  • 第9位 :ブラジル(8日)
  • 第10位:イタリア(7日)

出典元:Voicepedia Inc.(2015)、Harris Interactive(2014)、エクスペディア・ジャパン「世界28ケ国有給休暇・国際比較調査2016」

個人的には、イタリアなどヨーロッパは祝祭日が多いイメージでありました。
しかし、世界各国の祝祭日をみると日本がイタリアの約2.5倍の祝祭日でした。
ちょっと意外な事実に、驚いてしまいますね。

さて、祝祭日のお休みがわかったところで有給休暇の多さを世界中で比較しましょう。
日本人は休みの少ないイメージがあるので、単に祝祭日のみではなく、有給のお休みも見てみよう。

世界の有給休暇日数ランキングBest10

  • 第1位 :フランス(30.0日-有給消化率100% 30日)
  • 第1位 :スペイン(30.0日-有給消化率100% 30日)
  • 第1位 :ブラジル(30.0日-有給消化率100% 30日)
  • 第4位 :オーストリア(25.0日-有給消化率100% 25日)
  • 第5位 :イタリア(28.0日-有給消化率75% 21日)
  • 第6位 :インド(20.0日-有給消化率75% 15日)
  • 第7位 :香港(14.3日-有給消化率97.9% 14日)
  • 第7位 :シンガポール(16.0日-有給消化率87.5% 14日)
  • 第7位 :アメリカ(19.0日-有給消化率73.7% 14日)
  • 第10位:メキシコ(14.7日-有給消化率81.6% 12日)
  • 第11位:日本(20.0日-有給消化率50% 10日)

出典元:Voicepedia Inc.(2015)、Harris Interactive(2014)、エクスペディア・ジャパン「世界28ケ国有給休暇・国際比較調査2016」
世界の有給休暇日数ランキングでは、有給休暇の消化率を基準にランキング構成されております。
これを見るとヨーロッパでは有給休暇日数が多く、そしてしっかりと有給休暇が消化されていることがわかります。
さて、気になる日本は世界の有給休暇ランキングでは、「11位」でありました。

しかし、有給休暇の消化率をみると他の国々とくらべて50%と、断トツに低いことがわかりました。
つまり、日本は祝祭日は多いけど、企業務めをしていてシッカリと有給休暇を取っていない結果です。
これらを総合的にまとめると、祝祭日で日本は休暇を取るが仕事は有給休暇を取らずに頑張る姿勢がうかがえます。