ブラックフライデー15分ルールで盛り上がる

ブラックフライデー

ブラックフライデーとは、アメリカで桁違いのビッグセールです。
また、アメリカ最大のお買い物の日が「ブラックフライデー」です。
言葉の由来は、赤字続きの小売店舗でもこの日は大きな黒字が発生する事から「ブラックフライデー」と呼ばれるようになりました。

毎年11月の第4週の金曜日

ブラックフライデーは、アメリカ合衆国で毎年11月第4週の金曜日と決まっております。
また、アメリカでは「サンクスギビング」と呼ばれえる感謝祭があり、毎年11月の第4週の木曜日とされております。
ブラックフライデーはその感謝祭の翌日の金曜日に、お買い物祭りとして文化となっています。

イメージすると、中国の独身の日(11月11日)のアメリカバージョンと考えてください。
さらにアメリカの感謝祭当日から翌日のブラックフライデー、そして土日と多くの企業がブラックフライデーを休日にしております。
これにより、最大4連休となる方が多く、クリスマス商戦にかけてのお買い物週間のピークが到来します。

1年で最大のショッピング日

さて、このブラックフライデーがアメリカでお買い物週間の起爆剤となるお話をしました。
まだインターネットがそれほど普及していない時代では、ブラックフライデー短日のみの盛り上がりでした。
しかし、近年ではインターネットが普及し、感謝祭の木曜日から、セールが爆発するブラックフライデー、そして祝日にかけての大型セール企画が開催されるようになりました。

ブラックフライデー週間は、割引率が大きいものが期待できたり、様々なゲーム要素を取り入れ購買意欲をより促進している企業もあります。
小売業界の多くでは日頃赤字運営が続いている企業が高く、このブラックフライデー週間は大きな黒字が見込めるので皆真剣です。
古くは、百貨店や大型デパートが中心で盛り上がるブラックフライデーでありましたが、現在ではアメリカ全体が盛り上がるイベントになっております。

ブラックフライデーの最大の目玉

ブラックフライデーは、1年に1度の最大規模セールです。
通常では値引きやクーポンなどを期待することができない、高級ブランドが格安で購入することができます。
また、アップル製品や家電なども1年で一番安く購入できる日がブラックフライデーです。

この通常では割引の無い製品も、ブラックフライデーでは目玉商品として販売されます。
そのためブラックフライデー前夜から、お目当てのお店には長蛇の列がいくつも発生します。
これまでに見たことの無いような、列の争奪戦も繰り広げられ活気にあふれた買い物祭りです。

街が一色ブラックフライデー

ブラックフライデー週間が近付くにつれ、街中のバーゲン広告は最大化します。
ありとあらゆる場所に、ブラックフライデー告知が貼り廻りもはやアメリカ大陸全体が盛り上がります。
何処に言ってもブラックフライデー、そしてインターネットを見るとモニターいっぱいにブラックフライデー広告。

通常、人々は広告を好む傾向にはありませんがこのブラックフライデー週間だけは違います。
人々が好んでブラックフライデーの広告を探し、お目当ての目玉商品情報をいち早く探し出します。
つまり、ブラックフライデー週間は「いように見られる広告」となるわけです。

ブラックフライデーはアマゾンが15分ルール

ブラックフライデー期間で、ゲーム要素を取り入れた企画があると前述しました。
その例として、小売業界のモンスター「アマゾン(Amazon)」が面白いセールを企画しています。
ブラックフライデーが到来すると、アマゾンでは大規模なセールが展開されます。

しかし、重大なルールが一つあり「カートに入れた商品は15分以内に購入する」というものがあります。
つまり、カートにいれて15分以上が経過するとそのお目当ての商品がカートから除外されます。
いろいろと目玉商品を見ているうちに制限時間が経過する可能性があり、購入失敗という結果が待っています。

実に面白いイベントですね。
Amazon内にカウントダウンページが作られ、開催後に早く決済しないと、購入ができなくなる。
購買意欲が湧く、楽しい企画です。

現在、アマゾンではブラックフライデーセールを本場アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツで展開しています。
今後はブラックフライデーにアマゾンの日本が加わってイベントを開催してくれることを期待したいです。

日本でも始まるブラックフライデー

日本でも、ブラックフライデーにイオンが商品を多数用意しました。
例えば、ブラックにかけて「96(クロ)価格」商品や、半額商品などを企画しています。

また、ブラックフライデーでトイザらスが大規模なイベントページを作成しています。
トイザらス2016では、ブラックフライデーセールページで一面高度なオープニンググラフィックが登場します。
そして、ブラックにあやかり「黒」ベースのイベントページで高割引に商品がズラっと並んでいます。

さらに、ブラックフライデーでGAPは目玉商品としてデニムを1本100円で先着100名イベントを開催しております。
日本でも、このブラックフライデーが文化となるよう努力する方向かと思いますね。

感謝祭の起源

ブラックフライデーはアメリカ最大のお買い物イベントとして説明しました。
そして、小売業界が大きな黒字になることから、ブラックフライデーと名付けれました。
では、そのブラックフライデーはいつどのようにして出来たのでしょうか。

アメリカの感謝祭は、イギリスからの宗教迫害から逃げ出してアメリカに来た清教徒が激しい寒さで多くの死者を出したことに始まります。
清教徒とは、別名を「ピューリタン」と言い、イギリスの教会から独立をして人をさします。
清教徒が、マサチューセッツ州に避難して来たものの寒さに耐えきれず多くの命が無くなりました。

その翌年、清教徒が元々住んでいる住民の力をかりて農業を行い、たくさんの収穫が出来ました。
その穀物は住民の力をかりて手に入れることができた収穫なので、アメリカの感謝祭の起源は「収穫祭」であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。